老人ホームの種類と選び方

###Site Name###

老人ホームと一言で言っても、いろいろな種類があります。

リハビリや認知症介護などを目的とした施設や、グループホームなどさまざまです。



老人保護施設は、リハビリに重点をおいた介護目的の施設です。
介護や看護、リハビリを目的にしている為、ほとんどの施設では入所期間が3ヶ月と決まっています。

特別養護老人ホームは、常に介護が必要で、自宅での介護が難しい場合の施設です。
ここでは食事や介護の日常生活の介護を受けることができますが、入所希望者が多く、長期間入所待ちの場合が少なくありません。
有料老人ホームは、特別養護老人ホームと同様、自宅での介護が難しい場合の施設で、居室がほとんどの場合個室となっているなど、設備が整っていますが、費用負担は特別養護老人ホームよりも多くかかります。グループホームは、認知症や高齢者が共同で生活する場で、食事や入浴などの介護などを受けることができます。

ケアハウスは、自立した高齢者や比較的軽度の介護サービスで大丈夫という人が、日常生活を自立して送ることができる施設です。

基本的に自立した人が対象となっているので、日常生活に支障がでるような状態になった場合には、施設を退去することになります。



最近では、様々なサービスが付いた高齢者住宅が増えています。



訪問介護サービスや、安否確認など、自宅で介護保険を利用する場合と同じように利用することもできるので、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。