有料老人ホームの入居金額のチェック法とは

###Site Name###

 有料老人ホームとはいわゆる民間で運営している老人ホームのことで、高齢化社会の波を受けて、ますますその数は増えています。


種類も介護付きから自立した高齢者向けのもの、認知症の方のためのグループホームと様々です。

また、その費用も実に千差万別で、上は何千万の入居一時金を求められる所から、一時金ゼロの所まで、実に幅のある設定となっています。



概して費用がかかるとされている有料老人ホームですが、入居を考えた場合、どういった点に着目したら良いのか、費用の見方について考えてみましょう。
有料老人ホームの費用は、大きく2つに分かれています。


1つは入居時に求められる一時金、そしてあと1つが毎月払う食費などの経費です。
この一時金ですが、入居してからの年数によって、一定の割合で退去時に返金される場合があります。
ですので、まず一時金の金額と返金の率と年数をチェックしておくことをおすすめします。

施設によって一時金が高額で経費がリーズナブルな所、逆に一時金は安いが経費が比較的高額な所など、いろいろなタイプがあります。入居してから退去するまでの年数によって、どちらがお得か変わってきますので、自分達の場合にはどのタイプが妥当か、入居前に検討してみましょう。また、毎月支払う経費に関しても、その項目の中に何が含まれていて何が含まれていないのか、確認する必要があります。

経費が安いと思ったら、別途自費で支払わねばならぬものが多く、結局高いものについた、という場合もあります。



有料老人ホームは高齢者にとっては終の棲家とも言える場所です。

中身もむろん大切ですが、その中身に見合った金額なのか、吟味してから決めるのも、また重要ではないでしょうか。

 。